とやま銘菓 富山のれん会

大野屋

大野屋

とこなつ

大野屋は天保9年(1838年)に初代大門屋吉四郎がそれまでの醸造業から菓子屋に転じたのが始まりです。以来高岡の伝統的建造物群保存地区に指定されている通称「山町筋」で菓子屋を営み続け現当主で9代目を数えております。代表銘菓「とこなつ」や「田毎」など、万葉の歌人・大伴家持の歌に因んだ銘菓を中心に、厳選した素材を生かした四季折々のお菓子を多数取り揃えております。

とこなつ

「とこなつ」は、越中国司大伴家持が立山を詠んだ歌に因み作り上げた一口サイズの餅菓子です。希少な備中白小豆の餡を求肥の餅生地で包み、讃岐の和三盆糖をまぶしました。
口に入れると和三盆糖がすっと溶け、次に白小豆独特の上品な香りが口いっぱいに広がります。

【価 格】6個入り540円(税込)36個入り3,132円(税込)
12個入り972円(税込)42個入り3,672円(税込)
18個入り1,458円(税込)48個入り4,158円(税込)
24個入り2,160円(税込)

田毎(たごと)

大伴家持は越中高岡の二上山をこよなく愛し多くの歌を詠みました。二上山の中腹からは、秋の夜、田圃毎に映るたくさんの満月が見えたことと思います。「田毎」は、そんな情景を思い浮かべながら、満月のようにふっくらと膨らんだ焼き菓子に仕立てたものです。
小豆中餡に沖縄の極上の黒砂糖を使用しており、一度食べると忘れられない美味しさです。

【価 格】バラ1個119円(税込)20個入り2,592円(税込)
8個入り1,102円(税込)25個入り3,240円(税込)
12個入り1,620円(税込)30個入り3,888円(税込)
15個入り1,998円(税込)

高岡ラムネ

大野屋が歴史の中で使ってきた木型と培った技、和菓子の季節や行事に合わせ生まれた美しい造形、さらには富山県産コシヒカリなどの地域素材を組み合わせ、高岡文化の新旧を織り交ぜた「高岡ラムネ」を作りました。職人がひとつひとつ丁寧に手で起こしており、手業ならではのふんわり柔らかな口どけが特徴です。古くからの吉祥文様である「貝尽くし」や、鯛など福徳を招く宝物を集めた「宝尽くし」、四季折々の草花を集めた「花尽くし」、等々、見た目にも楽しい仕上がりとなりました。

【価 格】宝尽くし540円(税込)春けしき540円(税込)
貝尽くし540円(税込)夏けしき540円(税込)
花尽くし540円(税込)秋けしき540円(税込)
冬けしき540円(税込)

お店の情報

店名:
大野屋
住所:
〒933-0929 富山県高岡市木舟町12
TEL:
0766-25-0215
FAX:
0766-24-9117
ホームページ:
http://www.ohno-ya.jp/
メールアドレス:
 
営業時間:
8:15〜19:30(日祝 8:15〜19:00)
定休日:
毎週水曜日(祝日を除く)